気分はそら色、

日々感じること、きろく。

ひとりごと

しごととの付き合い方.

今のわたしにとって,仕事とは. 働き始めた20代の前半のころは, 仕事をしていることが楽しくて, 帰りの時間がどれだけ遅くなっても, 新しい世界に,毎日に,わくわくしていました. でも,今は違います. 時間になれば家庭を気にして, 今後のスキルアッ…

book : 恋する日本語 / 小山薫堂

わたしの知らない日本語を知りたいと思って、 手に取りました。 ひとつめの言葉から、 なんども読み返したくなる‥ わたしが受けた衝撃とは違い、 言葉が流れているような本です。 一気に読んで、なんども楽しむ‥ ひとつずつじっくりかみしめる‥ 味わいかたは…

新年、です

あけましておめでとうございます。 日々、あたらしい感情に出会うことは少ないですが、 思うこと、感じることはたくさんあります。 それをほそぼそとでもキロクとして残していきたいと思っています。 読み返すときの楽しみ.. このブログを通じてつながる方…

空が高い、

仕事の帰り, 用事を済ませて,通りかかった場所での一枚. うすい雲が広がっていますが,空が高い. 秋です.

秋の気配,

七十ニ候 天地始粛(てんちはじめてさむし) ようやく暑さが静まる時期. とはいえ,まだ日差しが強く,夏を感じます. 季節の変わり目, そういう区切りは,わたし自身を見直す意味でも必要かな.

気持ちのよい疲れ、

晴れた週末、 鴨川沿いをサイクリングしました。 風が心地よく、 週末の京都でも混雑知らず。 最近は暑いとすぐにばててしまい、 今回もそれが心配で、 行くかどうしようかと悩みましたが、 楽しかった! もっとからだ動かしたい! と思えました。

得意と不得意.

ブログのなかでは, じぶんの周辺では出会う機会のない方の 行動や考えかたにふれることができる. それが面白くて, ほそぼそとでもブログを続けたいと思える, ひとつの理由だと感じています. 仕事のこと,家庭のこと,友人関係のこと どの記事を拝見して…

うどん県へ,おでかけ

前半の連休を利用して, 讃岐うどんを食べに行ってきました. 出来る範囲のリサーチと, あとは直感をたよりに. うどん屋さんを3軒,まわりましたが, それぞれ特徴があり,個人的には満足です. 昆布だしやいりこだし, ひやあつ,ひや,あつなど… その地…

幹事、しあわせのお手伝い.

二次会の幹事を依頼されました. 11月. 去年引き受けた幹事は精神的にも身体的にも 削られる準備だったなぁ…というのは, 新郎新婦には秘密ですが, あれは幹事の枠を超えていたんだと思います. やりたいこと, やらなければいけないこと, これが混同しな…

毎朝のお気に入りのじかん,

ここ最近のお気に入り, 朝の洗濯. 太陽の光をあびることで, エネルギーが湧くような気がします. 朝日は体内時計をリセットさせ生体リズムを整える と,耳にしたことがありますが, 今まさにそれを体感しています. とても朝が弱いわたしですが, 気分よ…

かんぱい、

ホームパーティ. 料理上手な友人宅での楽しい時間. 仕事,恋愛,家庭…それぞれ環境は違うけれど, みな自立していて,自分があると思います. キラキラ女子たち.

ひと息,

今期の仕事がすこし落ち着きました. 生活の大半を仕事に費やしていたころと比べると, 今は拘束時間が限られていて,気楽なはずなのに とても精神がけずられている気がします. わたし自身が感じている責任も大きく影響しているように思いますが, それでも…

これを機に,

仕舞いこんでいた「モノ」「コト」との遭遇. 引っ越しこそ,必要なものと不要なものを分別できるときだと 片づけ始めた矢先. 懐かしい,と思えること そっと鍵をかけていたこと その時を象徴する,音楽や香水,わたし自身. 処分できなかった気持ちと一緒…

しすがに過ごす夜、

ひとりの時間、いいなと思うとき、 ひとりでいることがすごく不安に思うとき、 今のわたしは前者、 夜更かしして、静かな部屋が心地よい。 そう思える日、ばかりではないので、 支えてくれる人が必要だと強く思う。 ややこしいな、わたし。 だから、わたしな…

2016年、

あけましておめでとうございます. 年末年始は普段なかなか会えない友人と再会できるいい機会だと思います. わたしは,この歳になるまで自由きままにひとり暮らしをしてきて, 恋愛をしていなかったわけではないけれど, 将来を約束するような関係を臨んで…

ある日のそら、わたし。

すこし早く帰れた日、空はこんなでした。すてきと素直に感じ、わたしの心に余裕があるときだなと写真を見返して思いました。

季節のかわりめ、

北の地では雪が降ったそう。季節の変わり目に弱いあなた、あなたの悪くなった心臓が、日々の生活に悪さをしていないか心配です。また思い出してしまったなぁ、と夜の考えごとはとても危険。

秋とわたし.

毎年秋になると, なんとなく季節を探しにいきたくなります. すこし肌寒い風をかんじて, みじかいこの季節を楽しみたいと思います. ちょうど去年の今ごろ, あなたとの恋愛は泣いてばかりで, 終わりにしてよかったのだと安堵していたなぁと. それでもた…

素直ではないけれど、

誰かのものになるのも悪くない、そう思えたので、わたしは彼と一緒になろうと思います。仕事を続けてもいいし、クラリネットも続けていい。友だちとの旅行だって今までとおりでいい。今の生活プラス、彼との生活、現実的に難しいように思いますが、そのきも…

そんなこと.

去年の今ごろ, わたしは毎夜泣き, 恋は~,愛は~,となにか立ち直れるきっかけを 本やツイートから探そうと文字をあさり, みんなはどう対処してきたのか, わたしはどうしたらいいのかを悩んでいたなあと ふと気づきました. 今年はそんなことを忘れる…

つくづく,

気持ちの整理は,ひとりの時間に. 読みたい本や日記帳をかばんにつめこみ,外出する. そして,珈琲を飲みながら,思いを文字におこす. 日記をつける習慣があったからか, 考えていることや感じたこと,今行き詰っていることは 日記に残すのが今も癖づいて…

成長していない部分。

曖昧な関係は、終わりにしよう。こういう自分が嫌だ、と過去に反省したはずなのに、また繰り返しています。相手を傷つけたくないというのは口だけで、本当は、わたし自身が傷つかなければいい。そう思っているのではないか、とさえ感じます。自分自身こと、…

変わってしまった場所.

あの場所がどうなったのか気になり, 立ち寄ってしまいました. なにかに突き動かされたように. そこは廃墟のようになっていて, 悲しい気持ちになりました. 今後は行かないだろうと思うほど… もうだいじょうぶなの.と言っているわりには, 本音はちがう…

こころにあるもの.

こんな景色を眺めていると つい感傷的になってしまいます. あなたという存在がこころのどこかに残っている ということは明らかです. 時間が解決してくれるはずだと,そう信じていたのに むずかしいなぁと.

すすまない気持ちが癌、

彼のやさしさが病みつきになっている、そこにいるわたしは、外では見せない顔をしていると思う。彼はじぶんのことをバファリンだといい、いつでも行くよという。でも、だめなの、じぶんでじぶんを縛りつけている。それはわかっているけれどこの先にあるのは…

心地よい,空間.

今すぐ来て,そばに居て. と,言ってしまいそうな‥言ってしまっているような‥ つい甘えてしまう,そんな君. 淡い春.

おしまい、

あなたは元の棲家に戻り、新しい環境へ。わたしも元のじぶんに戻りましたが、変わった部分もあります。今まで味わったことのない感情はずっと心に残っています。それでいい、と思う気持ちが半分、出逢わなければよかった、と思う気持ちが半分。焦がれていた…

さいご、です。

あすから再び、あなたと同じ時間を過ごします。たった数日ですが、これがほんとうの最後になると思います。しかし、わたしの心は穏やかです。

こじらせている.

ケガを怖れるから, 慎重になるのかな. はじめてみないとわからない.

がんばったねって.

あなたが残した仕事をなんとかやりきりました. お疲れさま!よかったね.と多くの方々に声を掛けてもらい, ホッとしましたが, ほんとうはあなたにこそ言ってもらいたかった. それが報いと期待しても間違っていないはず, わたしはそう思います.

あっという間に、

もうすぐ、もうすぐ…と、 落ち着かない毎日を指折り数えていた‘Xデー’は いとも簡単にわたしの前を通り過ぎていきました。 次回の再会を楽しみにしていていいかな、 そう残して去っていったあなたは、確かに一番に会いに来てくれました。 一緒にいる数日間…

もうすぐ、

こころが落ち着かないのは、 きっとあなたと顔を合わせるからです。 電話口から聞こえてくる声だけでいい、 それ以上もそれ以下も望まない、 いま、そんな心境です。 およそ1,000キロの物理的なキョリが わたしを穏やかにさせていました。 それを間違いない…

変わらない、じかん。

学生のころの友人たちと会う。 わたしも、みんなも、 気分はあのときのまま。 きっとずっと変わらない。

新たな1年、

美味しいものをいただき、 楽しいことで大笑いし、 ときには素直に、 じぶん自身のきもちを伝えてみる。 そんな1年に、 したいと思います。

わたし。

衝動的なじぶんがいたこと、だれかに夢中になったこと、そんなじぶんのことをだれかに打ち明けたこと、声をあげて泣いたこと、ふと思い出して涙がでること、この1年で経験した色々は新しいことばかりでした。また、ひとつ歳をとりました、誕生日おめでとう、…

じかん、

わたしという自らを取り戻したいと思い、 外の空気に触れる機会を増やしています。 なんとなく、吹っ切れたような気がする最近、 少しまえの自分自身の表情が気になって。 きっと今のほうが、いい顔していると思うのです。 完全に元に戻るのではなく、新しい…

すこしずつ、わたしに。

すこしずつ、じぶんの心を取り戻していると思います。 あのころ、あなたを見つめるわたしは夢中でした。 何かに突き動かされている、まさに衝動的。おそろしいほどに。 でも、穏やかではありませんでした、そう感じています。 時間が経過して、 日々の生活で…

さかいめ、あいまい。

闇が光を包み込む。 はっきりしない、その境目の曖昧さが美しい。 人の気持ちも同様に美しいと思えれば、 きっと、もっと、わたしも変わるのだろうな、と。 むずかしい。その曖昧さに惑わされる。

またいつか、

時間が過ぎるのをじっと待つ、 そうしようと考えていました。 この気持ちも想いも、時間とともに風化していく、 いつかどこかで読んだ小説に書いてあったように、 きっとわたしも同じ、そう思っています。 あなたの口から飛び出した〝 今度 〟 甘い時間が戻…

たくさん、笑う

わたしの住む地域から、ほど近い町にて、 自然なわたしのままで、自由に過ごす。 たくさんはしゃいで、たくさん笑う。 吊り橋を渡り、揺らし、清流で沢蟹を探す。 叫び、笑う。歌う。 最近のわたしに足りなかったものだと思います。 生きる力を手に入れた気…

まわりの音が心地よい、

早めに帰宅できた週末の夜には 軽い夕食をすませて、お茶を飲みに。 1週間でわたしのなかに起こった感情を ひとつずつ整理する時間に。 整理の方法は、感情それぞれに合わせて。 そんな過ごし方もいいものだなと きままに夜を楽しんでみようとおもいます。 …

きょう、あした、ずっと

あしたはどんなあなただろう。 終わるときまで仲良しでいてね、といえば、 うん、といい、抱き寄せてくれるけれど あなたの思考が変わっていれば、きっと笑顔はみられません。 そう不安に思うのは、 今までにそういうことがあったからだと思います。 好き、…

変わらないもの、きっと

あなたとのことを消化したかと言われれば、 うん、とは言えないけれど 終わりにむけて、ひとつずつ進んでいると感じています。 どうなるかわからないから、と距離があったあの頃よりも、 ずっと心にいると言われた今のほうが心が楽になりました。 ずるいよう…

大人、

新しい友人に出会いました。ふわふわしているようで、 色々なことを考えている、おねえさん。 今までに出会ってきた人種や人数が違うのだろうと感じます。 アジアな香りをいつも漂わせて、どきどきさせます。もう一人は、これぞいい奥さん!な、おねえさん。…

ほんとうは、わかっていた。

あなたとわたしの距離がなかなか縮まらないのは、 はじまるべき関係ではないことをあらわしていたのかもしれません。 それなのに、 わたしは、見ないふりをしていました。 夢中になりたいわたしがいました。

おわり、そしてはじまり。

ひとりの時間が淋しいとはじめて思いました。 あなたと一緒に歩めないことが こんなにもわたしを苦しめるなんて思ってもいませんでした。 すこしずつ回復するであろう、わたしのこころ模様。